いちばん日記

毎日更新してます。

映画「パプリカ」をみた。絵柄が好き。

February 8, 2020

昨日の日記の続きみたいになりますが、今日映画「パプリカ」をみました。

ああいうリアル寄りな絵柄大好きなんですよね…キャラの目元とか特に。あと、夢のパレードの招き猫の嫌味ったらしいリアルさが、また自分の好みど真ん中ですね…

公式サイトが実質死んでいる(ここ)ので、「実際こんなのだよ」と画像を見せることができないのがあれですが…

今日はどうも風邪をひいたらしく、頭がまわんないので、寝ます。明日もう一回くらいパプリカみようかしら。

平沢進の曲が、好みだった

February 7, 2020

平沢進さんの曲をまとめてたくさん聞いてみて、すごく好みでした。

きっかけは、
久々に「パプリカ」の映画をみたいなと思ってDVDを借り
→オープニングは誰が作ったんだと思い調べ   →平沢進発見

といった流れでした。

パプリカの曲「Parade」が非常に印象的で聞いたら忘れられない感じで、非常に好みだったので、同じ雰囲気の曲がたくさんあるのは嬉しいです。

植木KINGとかよい…

20200206

February 6, 2020

今日の日記

サクラノ前夜 / サクラノ後夜

「サクラノ後夜」というきくおさんが作った曲が好きで、ときどき思い出したように聞いていたんですが、今日、「サクラノ前夜」という対になる曲があることをしりました。

ほえほえpが作った曲です。niconicoへのリンク

2つ合わせて、ストーリーがあったとは…しかも、鬱くしい系のストーリー…よいではないかよいではないか

約10年越しの驚きでした。

「脱学校の社会」を読んでいる。超正論。

February 4, 2020

イヴァン・イリッチの「脱学校の社会」という本を読んでいます
amazonのリンク: https://www.amazon.co.jp/脱学校の社会-現代社会科学叢書-イヴァン・イリッチ/dp/4488006884

人々にとっての価値と、価値の実現のために作られた制度を混同してしまう今の社会が、このまま発展すると、人々は無力感にいっそう苛まれ、不幸になる、みたいな話らしい。

以下は自分の感想で、本文からの引用でも何でもない、と先に書いておきます。

例えば、教育は、学校なんてなくとも、自分で学びたいことを学んで楽しく生きていけばいいだけの話のはずだった。
絵を描く能力でも、ものを作る能力でも、実力があればいいだけの話で、学校を卒業したかどうかなんて関係ないはず。

なのに、教育の専門家が出てきて「学校を卒業しないと能力を認めない」という話にすり替わってしまった。絵の専門学校を卒業しないと漫画家にはなれない、みたいな。
で、人は専門家のもとで学んだ人でさえ失敗するのを見て、「勉強って難しいんだ」「自分で学ぼうなんて、思っちゃいけない」と思い込む。みんなますます専門家に頼る。すると、専門家の権力が大きくなり、みんなはますますみんな認められようとする。先生に認められることこそが勉強なんだと思い込む。
本当は自分が学びたいように学べばいいのに。学んだことの価値を、権力のお墨付きに頼るのではなく、周りの人間との話し合いや自分の考えに基づいて、作っていけばいいのに…

こういう負のループというか、各人の無力感が深まっていくのがやばいですよ、と言ってるのかなと思った。

ううん、言葉にするのがむずかしい。

言ってることは正しいと思うんだが…例えば、今のTwitterなんかも、権力(=フォロワーの数)が欲しいとみんな必死になって、数を増やすことすがっていて、気持ち悪い。好きにやりたいことをやればいいだけの話のはずなのに。
その原因はイリッチさんの議論をもっと整理すれば、考えやすくなる気がするんだが…

もっと読み込んで、整理します。

「パルプ・フィクション」を見た。不思議だった

February 4, 2020

知り合いに勧められて、「パルプ・フィクション」という映画を見ました。実は前から気になっていたので、勧められてみたというよりは、勧められたことをきっかけに見た、という感覚の方が近いです。

なにがいいって、まず映画のポスターが最高です。ググると出てくるので、是非みてみてください。

かっこいい。
こんなかっこいい雑誌の表紙みたいなポスター、そうそうない。

で、映画の内容ですが、不思議な感じでした。
群像劇で、視点や時系列が行ったり来たりします。「あ、このシーンがここで繋がるんだ」みたいな感覚は、かなり楽しい。

内容自体は、なんというか、不思議な感じでした。ギャングが暴れ回る流血沙汰ストーリーだけれど、掴みどころがないというか。あとツイストがかっこいい。

あのアタッシュケース(?)の中には、なにが入っているんだろう…

時間をかけて書いていた絵が完成した。

February 3, 2020

今日、ここ数日をかけて描いていた絵が完成しました。 まずは、以下に絵を示します。
/diary/20200202/IMG_4812_hu27684a4af626a6197d6cf9e234ffb47d_3757155_400x600_fit_box_2.png

学校でうまく人と話ができない女の子…みたいなイメージです。絵を描くときいつも、描いてある人やものの気持ちを考えながら描くんですよね、気持ちを想像するのが好きで…

こだわりポイントは、殺虫剤です。 こういう細かいところに日常を感じるものを描くのも大好きです。 /diary/20200202/IMG_4816_hudf5a7fdc4b89125a295c9bf739f7bbd7_110630_400x600_fit_q75_box.jpeg

あ、ちなみに2020/2/16の福岡コミシーに友達と一緒にいきます。この絵は、その友達の同人誌に載せる絵になる予定です。

Rebel Inc. が楽しい

February 1, 2020

Rebel Inc.というゲームがいつのまにか発売されてたんですが、頭を無理やり高速に使わされてる感覚がして、べらぼうに面白いです。
シミュレーションゲームって人間の頭にムチャさせますよね。このムチャさせられるのが楽しい感覚、分かる人いますかね? とか聞かれてもお前の表現の仕方じゃわかんないとか言われそうですが。

/diary/20200201/20200201_hudb73363a4e55ac3350b529fdd3c6a4c2_12913436_400x600_fit_box_2.png

上の画像を見て何となく分かる通り、戦略を練って、陣地を広げて、制圧しようみたいな戦争ゲームです。

うまく住んでる人の協力を得て制圧するために学校など設備を作る
→ 敵の革命軍がいつのまにか現れてる
→ ワシの軍を派遣じゃ!
→ あぁお金が足らん住んでる人の協力が…
を無限に繰り返します。

この手のゲームって、気づくと大量の時間を吸われてますよね。今日も絵をあまり描いていない… あれかしら、最近慌ただしくて精神が疲れているから、無意識にこういう生産性0なことをして精神を回復させようと、体が働いてるのかしら。

これから毎日日記を書きたい

January 31, 2020

これから毎日、短くてもいいので日記を書いていきたいなと思っています。

自分が影響受けまくっているクリエイターのノッツさんが毎日日記を書いているのを発見したので、まねすることにしました。ノッツさんのイラストが、自分と波長が合う感じで中学の頃から大好きなんですが、書かれる文章もすごい好きなんですよね…ああいう文章が書きたい。

イラストの練習なら模写から、プログラミングの勉強なら写経から、といいますし真似することにも一定の効果はあるだろう…と踏んでます。

しかし、私のPCはスペックが低く動作も遅いし、毎日PCで記事を書くのは億劫だ… なんとか、iPad Proから日記が書けるような何かを開発してみようかしら。